ハイブリッドカーとは

世界的に言われている地球環境問題に習うかのように日本で巻き起こったエコブーム、そういった中で、ガソリンや軽油などを消費してエンジンを動かし、排気ガスや熱、騒音を出して走る車は「悪」でしかないのですが、その「悪」を「善」に転換しようと日本の自動車メーカーはいろいろと考えました。

そこで行き着いたのがいわゆる電気自動車、EVというもので大きなバッテリーに蓄えた電気よって電気モーターを回し、それを動力として走る車でした。

しかし、一回の充電での走る距離が短いことや充電する施設が少ないこと、充電施設が商売につながらないことなどからEVは開発当時のみならず現在でも現実的なものにはなっていません。

そこで考えついたのが、「EVみたいに完全に外部からの充電で賄おうとするからいけないのだ」ということです。

EVと同じように電気モーターで走ることは同じなのですが、電力は外部充電だけでなく、自動車がもともと持っているエンジンで自らが生み出せばいいのだということなのです。

これであれば、普及しているガソリンスタンドがあれば事実上半永久的に走ることができるし、排気ガスや燃料消費も100%ガソリンエンジンよりは少なくて済むということなのです。

これが俗にいう「ハイブリッドカー」、「ハイブリッド」とは、「雑種」や「異質のものの混成物」などという意味なのですが、これが自動車になると「2つの違う動力源から発生させた動力を組み合わせて走ることができる車」ということになるのですが、現実的に見ればこの2つの動力源となるのが、エンジンと電気モーターということになるのです。

世間では「低燃費のハイブリッドカー」などとはやし立てていますが、実はEVにたどり着くまでの途中経過であって、このハイブリッドシステムが完成形ではなく、完全なEVを作ることができない間に合わせの技術であるということを理解しておきましょう。